■生まれ変わりの村とは

生まれ変わりの英語


生まれ変わりの英語は、reincarnationとrebornがあることは知っていましたが、今回帰国子女にその違いを聞くことができました。
まず、どちらも生まれ変わりだそうです。
でもreincarnationは教会の中でしか聞かないそうです。つまりイエスの復活の意味なのだそうです。
rebornはもっと広くて明るい意味に使われるそうです。新しい自分を発見することもrebornだそうです。



トラックバック(0)

トラックバックURL: https://umarekawari.com/Weblog/mt-tb.cgi/162

コメント(6)

匿名 :

有線リクエストへの組織票の妨害、止めろよ!迷惑してるんだよ!クソスタッフども!!邪魔なんだよ

Tom :

輪廻転生はリーインカーネーションReincarnationです。
リボーンRebornは、気分的な要素が多く、「水を飲んで『生き返った』みたい。」「彼女は『生き返った』ように変わったね」的な引用でつかわれることの方が多いです。

(アメリカ在住30年です)

Tom :

輪廻転生はリーインカーネーションReincarnationです。
リボーンRebornは、気分的な要素が多く、「水を飲んで『生き返った』みたい。」「彼女は『生き返った』ように変わったね」的な引用でつかわれることの方が多いです。

(アメリカ在住30年です)

Tom :

輪廻転生はリーインカーネーションReincarnationです。
リボーンRebornは、気分的な要素が多く、「水を飲んで『生き返った』みたい。」「彼女は『生き返った」ように変わったね」的な引用でつかわれることの方が多いです。

(アメリカ在住30年です)

Tom :

輪廻転生はリーインカーネーションReincarnationです。
リボーンRebornは、気分的な要素が多く、「水を飲んで『生き返った』みたい。」「彼女は『生き返った」ように変わったね」的な引用でつかわれることの方が多いです。

(アメリカ在住30年です)

なんしぃ :

リーインカーネーションという英語が不思議で事典を調べて、輪廻転生と書いてあり、外国でもそのような考え方があることに驚いたことがあります。でも外国では、それはイエスの復活の意味だったのだと思いました。現地でしか知らないことだと感じます。リボーンはもっと広くて明るい意味があること、新しい自分を発見することもリボーンなんだと思い、毎日、日常で、瞬間瞬間、新しい自分と出会っているような感じがします

コメントをどうぞ